効率よく学習できる!【行政書士の通信講座の利便性】

レディ

行政書士とは?

行政書士とは、官公庁に提出する書類の作成を代行する業務を担います。また権利義務や事実を証明するために書類を作成することや提出手続きなども引き受けることができます。役所において行われる様々な手続きをし、法律に則って仕事を行います。行政書士は、行政書士法に基づく国家資格です。資格保有者は報酬を受け取って業務にあたります。先述の手続き業務の他、遺産相続に関する相談・手続きなどにも応じることができます。身近な法律相談室としても利用できるメリットがあります。この他、建設業許可申請や産業廃棄物収集運搬業許可などの資格取得のサポートや、これらの職業に義務付けられている定期的な報告書作成等も担っています。また会計記帳などのサポート業務など幅広い仕事を引き受けることができる資格です。

行政書士になるための資格と取得方法

行政書士になるには、国家試験を受験し合格する必要があります。試験は年に1度・毎年11月の最終日曜に行われます。受験資格は無く、国籍や年齢は問われることなく誰でも受験することができます。学生から主婦層、高齢者など幅広い世代の方が受験しています。合格後は、合格者としてお住まいの地域の行政書士会に登録することで「行政書士」と名乗ることができます。行政書士会に登録しない限りは行政書士事務所を開設することができませんし、行政書士報酬を得ることもできません。また、未成年者が行政書士試験に合格した場合、20歳の誕生日を迎えるまでは行政書士会に登録することができないため、成年として認められるまでは行政書士を名乗れません。

ここもチェック!注目の記事

勉強する人

通信講座を利用しよう~時間を有効活用しながら行政書士試験対策~

行政書士の資格取得のために、通信講座受講と専門学校へ通学することのそれぞれのメリットは必ず確認しておきましょう。また、みなさんが疑問に思う行政書士通信講座に関するQ&Aも要チェックです。

READ MORE

行政書士資格取得後の就職先TOP3

no.1

やっぱり夢は開業・個人事務所で所長になろう

行政書士事務所を開設して、個人で顧客獲得することが一番の王道です。行政書士になると手足となって働いてくれる行政書士補助者を配置することができます。これによって業務拡大も可能です。

no.2

行政書士法人で、幅広く仕事を手がけることができます

複数の行政書士同士で「行政書士法人」を立ち上げ事務所を開設することもできます。これによって自分が得意とする分野の住み分けができ、顧客を多く獲得することが叶います。

no.3

行政書士は兼業禁止です

行政書士は兼業禁止です。行政書士法人以外の会社組織の中で行政書士として働くことはできません。もちろん会社組織の中で活かせる仕事はほぼありません。行政書士は独立開業系のお仕事であるととらえましょう。

解答速報の利便性について

行政書士試験の受験日当日か翌日に発表される解答速報は、自己採点をするために役立ちます。合格基準では法令5割・一般知識4割、総合得点6割以上の正答が求められます。自分自身で合否判断を行い今後の対策を講じることができます。